ゴムタイムス70周年の画像

ランクセス 17年度の事業活動説明会を開催

2017年04月13日

ゴムタイムス社


 ランクセスは4月13日、都内で事業活動に関する記者説明会を開催し、辻英男社長が2016年度の業績と17年度の活動の説明を行った。

 日本法人の16年度の売上高は約2億ユーロで、ユーロベースでは前年度に比べ微増となった。

 主なトピックスとしては、ゴムやプラスチックなどの添加剤を製造しているランケミーアディティブス豊橋事業所で、7500日の無事故操業記録を達成した。

 CSR活動では「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀」への支援と、宮城県内の小学生を対象とした子ども向け化学実験教室を継続。教育プログラムへのサポートとして、お茶の水女子大学からのインターンシップ受け入れを実施した。

 17年度の活動計画では、次世代自動車・都市基盤整備・省エネタイヤを重点分野として挙げた。

 次世代自動車については、軽量化ソリューションとして高性能樹脂とガラス繊維複合熱可塑性樹脂(GFRTP)を提供し、自動車の軽量化をサポートする。

 都市基盤整備に関しては、公共事業などに向けて着色顔料、スタジアムなどを対象に高性能プラスチックを提案していく。

 また、耐久性を備えた建設材料として塗料や塗装、木材の耐用年数を伸ばす防腐剤、さらには難燃性のソリューションも提供する。

 着色顔料に関する事例として、3月の「建築・建材展2017」で特別展示したコンクリート着色剤「日本の色」を紹介した。

 これは、黄赤系統の「10YR」と言われる色相から、

本文:867文字

関連キーワード: ·