ゴムタイムス70周年の画像

ニッタ 2017年度入社式を開催

2017年04月04日

ゴムタイムス社

 ニッタは4月3日、大阪市浪速区の本社でNITTAグループの2017年度入社式を開催し、ニッタ23人、ゲイツ・ユニッタ・アジア1人、ニッタ・ハース1人、計25人の新入社員を前に、新田元庸社長が式辞を述べた。

 新田社長は同社の歴史と現状に触れた後、「ニッタには3つの資産、あるいは財産があると思っている」と述べ、「発明・改良・円満」「顧客の要望にコツコツと応える現場力」「多様性」を挙げた。

 「発明・改良・円満」について、新田社長は「ニッタスピリッツとも言える創業者から受け継いだ考え方」だとして、発明は世の中の役に立つ製品を開発し、世に送り出すこと、改良は不断の努力でそれをさらに良くすること、円満は円満な人間関係がなければいい仕事はできないことだと説明した。そして「これらは100年以上たった今でも輝きを失わず、ニッタで大切にしている考え方」だと述べた。

 「顧客の要望にコツコツと応える現場力」に関しては、「誠実に対応する姿勢や製造で品質を作りこむ力は、ニッタの大切な資産」と指摘。「多様性」は、ベルトから始まり、ホース・チューブ、空調製品、メカトロやセンサー製品、半導体研磨パッドなど、幅広く事業を展開してきたことに触れ、「事業は多岐にわたり、その多様性が人を育て、ニッタの総合力を高める役割を果たしている」との考えを示した。

 また、今年新しくNITTAグループ理念を制定し、進むべき道筋を明確にしたことを紹介し、いわば新NITTAグループ理念の第一期生となる新入社員に対して「これからそれぞれの職場で、世界の仲間たちと一緒に、この目指す姿を実現させていただきたい」と呼びかけた。

関連キーワード: ·