【ベルト特集】ニッタ 16年度は2桁近い増収

2017年04月24日

ゴムタイムス社

 ニッタ(大阪市浪速区、新田元庸社長)の搬送用樹脂ベルトは、その主要分野である食品・物流業界とも好調に推移し、16年度は2桁近い増収になる見通しである。

 食品分野は、中食市場の伸びが続くなかで、コンビニやスーパー、そして中食に携わる食品メーカーが工場の新設・改修を活発に進めている。また、工場内では搬送物への異物混入防止や省力化・省人化対応も求められているため、同社の樹脂搬送ベルト「NLG(ニューライトグリップ)」は好調である。

 また、食品分野では需要の高まりとともに、ニーズの細分化も進んでいる。同社は細かいニーズに対応すべく、ラインナップの拡充に努めている。
 例えば、高機能なベルトを求めるお客様には、NLGの新

本文:1018文字

【ベルト特集】ニッタ 16年度は2桁近い増収

キーワード: ·