ゴムタイムス70周年の画像

ゴム技術セミナー ゴム薬品の選定法と技術展開~ゴムの劣化機構と防止法―加硫用薬剤と劣化防止剤の選定ポイント~

2017年03月27日

ゴムタイムス社


 弊社ゴムタイムス社は、4月26日13時から17時まで、秋葉原OMGPARTNERSビルで「ゴム薬品の選定法と技術展開~ゴムの劣化機構と防止法―加硫用薬剤と劣化防止剤の選定ポイント~」と題して技術セミナーを開催いたします。

 本セミナーでは、永年にわたりゴム薬品の製造・開発に携われてきた講師を招き、これまで紹介されることの少なかったゴム薬品の作用機構にも触れながら、求められるゴム製品の性能に適合した配合処方について、最新の情報も含めて分かりやすく説明して頂く予定です。

 具体的には、異なった加硫鎖を形成する加硫用薬剤の組合せによる加硫物の耐熱老化性の向上、劣化温度を考慮した老化防止剤の選定法、適切な一次老化防止剤と二次老化防止剤の組み合わせによる加硫物の耐熱性および変色抑制に対する相乗効果の創出、高いオゾン劣化防止効果を持続的に発現させうるオゾン劣化防止剤の配合処方のポイント、充填剤および加硫処方が微妙に影響するゴム製品特有の劣化である疲労劣化を効果的に改善し得る配合処方について説明して頂きます。

 ゴム製品の製造・開発に携われている技術者はもとより、ゴムの特性を活かした配合処方を提供されている原料ゴム製造メーカーの技術者、幅広い知識で提案型営業を目指されている商社の方々など、ゴム製品にかかわる多くの方々に有益な情報を提供します。

【受講対象者】
 ・ゴム製品の開発・製造に携わっている技術者・管理職
 ・ゴムの特性を活かした配合処方を提供・提案されている配合技術者
 ・ゴム及びゴム薬品を扱う商社の担当者・幹部

【講師】
 ゴム薬品コンサルタント(元、大内新興化学工業(株))
 太智 重光 氏
 (略歴)
 1973年 京都工芸繊維大学大学院工業化学科修士課程修了
 1973年 大内新興化学工業(株)に入社。 
 中央研究所次長、生産部長、取締役生産管理部長、中国合弁会社董事副総経理(兼任)、顧問を経て、2015年退職

 在職中はゴム薬品の開発・製造に従事し、退職後はゴム薬品コンサルタントとしてゴム薬品・配合処方の指導・普及活動を実施中

関連キーワード: ·