【ホース特集】十川産業 セールスエンジニアの育成強化

2017年04月17日

ゴムタイムス社

  樹脂ホースのトップメーカーである十川産業(東京都府中市、横田郁雄社長)は、17年3月期の売上が前期比3%増となる見込み。

 メインの工業用品は、分野別ではネット販売とカタログ販売が順調に伸び、ここ10年ほど前年実績比を上回るペースで伸びている。

十川部長

十川部長

 空調関係では、昨年夏に西日本で猛暑が続いたため、エアコン用ドレンホースがスポット的に伸びて売上に貢献した。農業分野も、関西以西でスポット需要があった。
 食品分野は堅調で前年並み。上期に振るわなかった土木関連は、下期以降ゆるやかな回復を見せている。

 「『選択と集中』を推進した結果、自社製品の占有率が伸びている。また、予想よりも原材料費が落ち着いていたことが利益面で寄与した」(十川行洋取締役)とのことで、今期は増収増益となる見込みだ。

 注力製品では、塩ビ製の高耐圧ホース「MEGAハ

本文:1024文字

【ホース特集】十川産業 セールスエンジニアの育成強化

キーワード: ·