ゴムタイムス70周年の画像

PVCデザインアワード2017 デザイン提案・製品の作品を公募

2017年03月16日

ゴムタイムス社


 日本プラスチック製品加工組合連合会、日本ビニール商業連合会、日本ビニル工業会、塩ビ工業・環境協会などからなる「PVC(塩ビ素材)デザインアワード」実行委員会は3月16日、「PVCデザインアワード2017」の作品募集を開始すると発表した。

 「未来を拓くPVC―機能と美の創造―」をテーマに、4月1日からPVCの特長を活かしたデザイン提案と、試作品や中間加工素材を含む製品を公募する。

 今年で7回目を迎える同コンテストでは、PVCの持つすぐれた加工性、印刷性、耐久性、耐摩耗性、耐腐食性、リサイクル性などの特長を、生活や社会のニーズに応えるソリューションヘ発展させることを目指して開催を続けている。

 受賞作品は、商品化に向けた積極的なサポートとビジネスマッチングを行い、新規プ口ダクトとして世の中に送り出すとともに、日本の製造業とデザインのカを世界に発信する活動も行っていく。

 応募対象となるのは、デザイン提案は国内外未発表のPVCを使用する提案、製品応募はPVC製品、中間加工素材、試作品で、すでに国内流通している場合は販売開始後5年以内のものに限る。

 集まったデザイン提案と製品は、テーマの適合性や独創性、素材性、環境性、市場性などの審査基準に則して審査を行い、大賞1点には賞金100万円、優秀賞3点には賞金各10万円、入賞10点には賞金各2万円を贈呈する。

 公募作品は10月下旬に審査する予定で、11月中旬にWEBサイト で公表する。表彰式は11月16日に東京国際フォーラムで開催し、入賞作品は東京都千代田区の「グッドデザイン・マルノウチ」を始め、大阪、名古屋、福岡で順次展示する予定だ。