ゴムタイムス70周年の画像
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

住友ゴム 今年度のモータースポーツ活動計画を決定

2017年03月14日

ゴムタイムス社


 住友ゴム工業は3月14日、2017年度のダンロップモータースポーツ活動計画を決定したと発表した。

 四輪では、国内で最も人気の高いレースの一つであるスーパーGTを中心に活動し、GT500クラスの「ナカジマ・レーシング」をはじめ、GT300クラスでは「ゲイナー」「R&Dスポーツ」、昨年チームランキング3位を獲得した「アウディ・チーム・ヒトツヤマ」の計4チーム5台にタイヤを供給する。

 その他、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本ラリー選手権などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指す。また、全日本カート選手権では、国内カートレース最高峰のOKクラスに参戦する車両にタイヤを供給する。

 一方、入門レースであるFIA―フォーミュラ4、フォーミュラ4、X30チャレンジ・ジャパンなどにもワンメイクタイヤ供給を行うことで、若手ドライバーの育成をサポートする。また、参加型モータースポーツのトヨタ・ガズー・レーシング86/BRZレース、トヨタ・ガズー・レーシング・ラリーチャレンジに協賛すると共にタイヤの供給を通じて、車を楽しむファンをサポートし、モータースポーツの裾野を広げていく。

 海外では、今年からアルゼンチンで人気の高いトップ・レース・シリーズにワンメイクタイヤ供給を開始する。

 二輪では、国内では全日本ロードレース選手権をはじめ、全日本モトクロス選手権、全日本トライアル選手権、全日本エンデューロ選手権で有力チーム・ライダーをサポートし、各選手権でのタイトル獲得を目指す。

 また、FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦として開催される、日本最大のオートバイレース鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、世界耐久レギュレーションであるEWCクラスに参戦する7チームを含む、計8チームにタイヤを供給する。

 海外では、世界最高峰の二輪レースFIMロードレース世界選手権のモト2とモト3クラスにワンメイクタイヤ供給を行う。また、モトクロスレースではAMAスーパークロスでの8年連続全階級制覇、MXGPでのチャンピオン獲得を目指す。

 さらに、今年も若手ライダーの登竜門として世界各地域で開催されている、ロードレースの250cc車両による育成型レースへのワンメイクタイヤ供給も継続する。

関連キーワード: ·