ゴムタイムス70周年の画像

葛飾ゴム工業会 「生産情報のDB(データベース)化」をテーマに勉強会

2017年03月10日

ゴムタイムス社


 葛飾ゴム工業会(武者英之会長)は3月9日、東京・葛飾区のテクノプラザかつしかで第2回定例勉強会を開催した。

 今年度最後となる勉強会はイオアートの小田朋和代表取締役を招いて、「生産情報のDB(データベース)化」をテーマにした勉強会を行った。

 小田代表は大学卒業後、区内でイオアートを創業。以後16年にわたって区内の中小企業に経営のIT化支援を行っている。

 勉強会では、リレーショナルデータベース(RDB)を作成できるソフト「ファイルメーカー」を活用し、架空のゴム工場をIT化する過程を解説した。

 小田代表は情報検索が楽になる、社内情報の把握が楽になるなど、企業がIT化を行うメリットを紹介。また、3S活動や省エネ活動など

本文:439文字

関連キーワード: