【CMB特集】寺崎ゴム工業 顧客第一主義でニーズに対応

2017年03月27日

ゴムタイムス社

 各種色ゴム練りから小ロットのロール練りまで、世界標準の品質基準で顧客のあらゆるニーズに応えている寺崎ゴム工業(茨城県境町、寺﨑晃社長)。

 NR、NBR、SBR、CR、アクリルゴム、BRなどを原材料に、カスタムコンパウンドのA練り、B練り、分出し、リボン出し、さらには各種試験練り、色物練りまでを行い、月産260~280t体制で対応している。最近の品目別では、SBR、EPDM、NRの数量が多く、全体の半数を超えるとのことだ。

 前期(17年2月期)を振り返ると、全体の生産量はほぼ前年並みだった。原材料価格の上昇で、3月から各種ゴムの値上げが明らかになっていたため、1~2月にかけて駆け込み需要があった。現在、工場はほぼフル生産で対応しており、通期では、売上・利益ともほぼ横ばいとなった。

 近年は、インジェクション用にリ

本文:1017文字

【CMB特集】寺崎ゴム工業 顧客第一主義でニーズに対応

キーワード: ·