ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 「ジュネーブ国際モーターショー」に出展

2017年03月03日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは3月3日、スイスのジュネーブで7~19日に開催される「ジュネーブ国際モーターショー」に出展すると発表した。

 「一人ひとりを支える」をグローバルモーターショーのテーマとして掲げ、「プレミアム・イノベーティブ」な世界観を軸としたブリヂストンブランド、「信頼・伝統」の世界観を軸に据えたファイアストンブランドの2大ブランドを展開し、それぞれのエリアで同社グループの製品や技術を紹介する。

 ブリヂストンブランドのプレミアムゾーンでは、グローバルプレミアムブランドであるポテンザとトランザの代表的な製品、「ポテンザS007」が標準装着された「アストン・マーティンDB11」を展示する。

 また、イノベーションゾーンではタイヤの空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるランフラットテクノロジー採用タイヤ「ポテンザS001RFT」や「ドライブガード」、これまでのタイヤとは全く異なる狭幅化によって空気抵抗を低減し、大径化により転がり抵抗を大幅に低減する次世代低燃費タイヤ「エコピア・ウィズ・オロジック」の展示を通じて、同社の技術イノベーションを紹介する。

 さらに、2014年からワールドワイドパートナーとして協賛を開始したオリンピックというプラットフォームを活用し、スポーツ競技・アスリートを支える技術の進化と同社のタイヤ技術の進化に合わせて、イノベーションを通して「一人ひとりの安全・安心な移動」を支え続けるという、同社の想いを表現する。

 ファイアストンブランドのファイアストンゾーンでは、「信頼・伝統」を軸にグローバルに展開する、ファイアストンブランドの世界観を来場者に感じてもらうと共に、ブランドヒストリーや欧州向けに販売しているタイヤ製品を展示する。

 これらの出展に加え、プレスデーの3月7日には、欧州子会社であるブリヂストン・ヨーロッパ・エヌヴィー・エスエーが、欧州地域でのマーケティング戦略について、プレスカンファレンスを行う。

 また同日、同社が協賛する、世界各地域と各国で発売される新車から選考される国際的な自動車賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」のノミネート車種を、同社ブースで発表する。