【ホース特集】ニッタ 溶接・半導体向けで新製品

2017年04月03日

ゴムタイムス社

 ニッタの一般産業用ホース・チューブ製品事業の17年3月期第3四半期(4~12月)売上は、前年同期比で微増となった。

FUKチューブ

FUKチューブ

 ホース製品では、主力の建機向け油圧ホースは、第3四半期の序盤までは前年割れの状況が続いたが、建機市場が底打ちするなかで、16年12月あたりから回復に転じ、足元も上昇基調にある。

 建機以外では、ウイング型トラックなどの特殊車両向けホースが好調。工作機械向けも中国向けに注文が出始めている。今後はトラック・工作機械向けでも需要を取り込んでいく。

 チューブ製品で主力のクリーン関連は、半導体製造装置需要の浮き沈みに左右される。16年夏以降、半導体装置需要が盛り返すなか、クリーン関連も堅調に推移した。

 他のチューブでは、ディーゼルエンジンの排ガス浄化

本文:1069文字

【ホース特集】ニッタ 溶接・半導体向けで新製品

キーワード: ·