【ホース特集】八興 RoHS2対応強化

2017年04月03日

ゴムタイムス社

 樹脂ホース・チューブ・継手メーカーの八興(東京都板橋区・阿部広之社長)の2017年3月期下半期(10~3月)は、半導体市場の好調に支えられ、主力の柔軟フッ素シリーズの動きが良く、売上は微増となる見通し。上期も同様の傾向で推移しており、通期の売上も微増を見込んでいる。

導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ

導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ

 同社の経営方針は、顧客が満足する独自性のある製品・サービスを開発、提供すること。16年6月に発売した「導電スーパー柔軟フッ素ホースシリーズ」は、アルコールや香料、有機溶剤など可燃性流体の流動帯電による静電気対策用配管として開発されたもので、業界で初めて電気抵抗値が国際指針に準拠している。類似製品がないため、顧客からの引き合いも増えている。実績も徐々に出始めており、引き続き注力していく。

 また、同シリーズに関しては、16年11月に内径25ミリのスプリングタイプを追加発売した。顧客から要望が多かったサイズで、チューブタイプ(2種類)とスプリングタイプ(4種類)を合わせて6種類となった。今後も顧客の要望があればラインナップを増やしていく。

 同社は産業用ホースおよ

本文:1040文字

【ホース特集】八興 RoHS2対応強化

キーワード: ·