【CMB特集】三福工業 タイにフッ素ゴム工場設立

2017年03月13日

ゴムタイムス社

 フッ素ゴムおよび合成樹脂・エラストマーのコンパウンド事業と、発泡体事業を柱に展開する三福工業(栃木県佐野市、三井福太郎社長)。

三井社長

三井社長

 今期(17年3月期)の需要動向を振り返ると、コンパウンド事業では、上半期はフッ素ゴムの動きが活発だった。国内は産業機械が堅調だったものの、OEMで材料の支給方式に変更があったことが影響して、売上は横ばい。輸出については自動車関連の動きがよく、販売が伸びた。下半期はフッ素ゴムの動きが落ち着いたが、11月以降は堅調に推移した。通期では売上は微増、利益面は増益を見込んでいる。

 発泡体事業では、原材料費上昇が予想より下振れしたことや、内部改革によるコスト削減が奏功し、利益面の数字を押し上げた。また、下期に入って東北の復興需要が動き始めた。通期では売上は微増で、増益を確保できる見通しだ。
 「一昨年から歩止まり向上や不良削減などの取り組みを始め

本文:1026文字

【CMB特集】三福工業 タイにフッ素ゴム工場設立

キーワード: ·