ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

独ランクセス 「建築・建材展2017」に出展

2017年02月23日

ゴムタイムス社


 独ランクセスは2月23日、東京ビッグサイトで3月7~10日に開催される「建築・建材展2017」に出展すると発表した。

 同社は無機顔料で着色されたコンクリート建築の多様性や芸術性、技術特性を広めるための取り組みを「カラーコンクリートワークス」と銘打ち、近年、日本でもその取り組みに注力してきた。

 現在、2020年に向けて東京都市圏で様々な建築プロジェクトが進められている中で、コンクリート着色顔料の魅力をより多くの人に認識してもらえるよう、2回目となる今年は「クオリティ・カラーズ~カラーコンクリートで実現する日本の色と都市景観~」をテーマに、同展示会に出展することにした。

 今回の出展では、世界中で実績のある付加価値の高い無機顔料の紹介、着色剤を使用したコンクリートブロックサンプル、世界各国の建築用途事例などの展示に加え、日本の色をカラーコンクリートで表現したコンクリートサンプルを特別展示する。

 この特別展示では、黄赤系統の「10YR」と言われる色相から、日本の景観に調和する27色ほどを選定し、これらの色を、特別に調合を行った酸化鉄顔料で着色したコンクリートで表現する。

 10YRのうち、特にグレーベージュ系の色相は、日本の自然や風土との調和性が高いとして、最近、公共建造物などへの採用が拡大している。

 同社は、これらの展示を通して、都市部の景観に合った「スタイル」「デザイン」「品質」「耐久性」に応える、クオリティの高い製品ソリューションを提案していく考えだ。

関連キーワード: ·