ゴムタイムス70周年の画像
プラスチック材料の全体がわかるのバナー

16年年間のゴムホース 生産量・出荷額とも減少 

2017年02月22日

ゴムタイムス社


 日本ゴムホース工業会がまとめた2016年年間のゴムホース生産実績によると、生産量(新ゴム量)は3万4621tで前年同期比1・6%減、出荷金額は1354億9000万円で同0・5%減となった。

 建設機械や工作機械向けの高圧用は回復傾向で推移したが、ゴムホースの生産量全体の3分の2を占める自動車用は自動車生産減少の影響を受けた。その他用も減少し、生産・金額ともに前年を下回る結果となった。
 
 品種別に見ると、自動車用は生産量が2万3059tで同0・8%減、金額は997億7600万円で同0・1%減となった。

 自動車生産は中国や北米向けの輸出が堅調に推移し、16年の輸出台数は同1・2%増(日本自動車工業会統計)と2年連続の増加となったものの、国内では軽自動車の販売不振などが響き、全体の生産量は同0・8%減となった。このことが自動車用の生産量・金額の減少につながったとみられる。

 高圧用は生産量が4253tで同3・3%増、金額は170億3200万円で同4・6%増となり、どちらも増加した。

 高圧用の主な需要先である建設機械は、16年の総出荷金額

本文:995文字

関連キーワード: ·