ゴムタイムス70周年の画像
プラスチック材料の全体がわかるのバナー

クラレ 液状ゴムLFRが自動車用タイヤで初採用

2017年02月20日

ゴムタイムス社


 クラレは2月20日、住友ゴム工業の最新スタッドレスタイヤ「ダンロップ・ウィンター・マックス02」に、同社の液状ファルネセンゴムLFR(Liquid Farnesene Rubber)が高機能化添加剤として採用されたと発表した。

 同社が開発したLFRは発酵技術によってサトウキビから製造される「ファルネセン」を用いた同社独自開発の液状ゴム。主な特長としては、従来の液状イソプレンゴムなどと比較して圧倒的に粘度が低く、ゴムコンパウンドに添加剤として配合すると高い可塑性が得られることや、低温下でも柔軟性に優れ、氷上でのグリップ性能向上に寄与する。

 分子量等の最適化により、加硫時に固形ゴムと完全に反応して固定されるため、ゴム表面にオイルのように染み出すことなく、経年変化によるゴムコンパウンドの硬化を抑制する。そのため、長期間にわたり氷上グリップ性能が維持される。高い安全性と性能が求められる自動車用タイヤで採用されたのは今回が初めてである。

 同社は2011年に米・バイオテクノロジー企業アミリス社と共同開発契約を締結。同社が保有するバイオマス原料「ファルネセン」を重合に適した純度まで精製する技術、およびLFRの合成技術を確立した。LFRの分子仕様とゴムコンパウンドに配合した際の様々な特長の関係性を見出し、タイヤメーカーへの提供を開始している。

 同社ではこれまでにLFRに対して様々な特長を見出しており、今後もタイヤのみならず、多岐に渡る顧客の要求性能に合わせ、LFRの用途展開を進めていくとしている。