ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

住友ゴム 新材料開発技術が独展示会で「タイヤ・テクノロジー・オブ・ザ・イヤー」受賞

2017年02月20日

ゴムタイムス社


 住友ゴム工業は2月17日、新材料開発技術「アドバンスド・4D・ナノデザイン」が、14~16日にドイツ・ハノーバーで開催された「タイヤ・テクノロジー・エキスポ2017」で「タイヤ・テクノロジー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表した。

 同展示会は、2001年から毎年欧州で開催されているタイヤ製造などに関する技術発表・展示会で、タイヤメーカーをはじめ素材メーカー、公的研究機関などがその研究成果を発表。「タイヤ・マニュファクチュアリング・イノベーション・オブ・ザ・イヤー」「エンバイロンメンタル・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー」「タイヤ・テクノロジー・オブ・ザ・イヤー」「タイヤ・インダストリー・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」「タイヤ・マニュファクチュアラー・オブ・ザ・イヤー」の5分野で優秀な技術を表彰する。

 同社独自の新材料開発技術「アドバンスド・4D・ナノデザイン」は、低燃費・グリップ・耐摩耗性能という、相反性能であるタイヤの三大性能を高い次元で両立するために、大型放射光施設「スプリング―8」、大強度陽子加速器施設「J―パーク」、スーパーコンピュータ「京」という世界最高レベルの最先端大型研究施設の連携活用により、ナノからミクロンレベルまでゴムの内部構造を連続的かつ鮮明に解析し、シミュレーションすることを可能とした。

 同社は、今回の受賞は同社の新材料開発における先進的な取り組みと、高い技術力が認められた結果であるとしており、今後もこの技術の採用により、低燃費・グリップ・耐摩耗性能を高い次元で両立し、顧客ニーズを満たした商品力の高いタイヤを生み出していく方針だ。

関連キーワード: ·