ゴムタイムス70周年の画像

16年10~12月のゴムロール生産実績 製鉄用10%減、総合計5%減

2017年02月16日

ゴムタイムス社


 日本ゴム工業会・統計委員会(ロール製品関係7社)がまとめた16年10~12月計のゴム・樹脂ロール生産実績によると、総合計は931t、前年同期比5・4%減となった。このうちゴムロールは848tで同3・9%減、合成樹脂ロールは82tで同18・6%減となった。

 主力の印刷用をはじめ、製鉄用、製紙用がいずれも前年同期実績を下回り、全体の生産量を押し下げた。その他用については前年実績を上回った。

 需要先別に見ると、印刷用はゴム・樹脂合計320tで同4・9%減、製鉄用は合計267tで同10・2%減、製紙用も合計146tで同9・5%減となった。染色・化繊用、第1次フィルム用、搬送機器用、外壁等住宅用などを含むその他用は、合計198tで同4・8%増となり、その他用のみがプラスだった。

 

本文:324文字

関連キーワード: ·