ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

【ファインケミカル商社特集】平泉洋行 ゴム薬などで新規採用広がる

2017年02月27日

ゴムタイムス社

 平泉洋行(東京都台東区、戸張傳二郎社長)は、ポリマー・ウレタン・ゴム薬品・製泡剤などの原料供給と機械の製品販売で構成され、これら原料や機械をエラストマー、エッチ&ケー(H&K)、機械の各ユニットで事業を展開している。

高濱エラストマービジネスユニットリーダー

高濱エラストマービジネスユニットリーダー

 エラストマーユニットの前期(16年12月期)需要動向は、ポリマーは需要が緩く、値下げ競争の影響を受けたため、売上は減少した。それに対して、ゴム薬品・製泡剤・ウレタンについては着実に伸びた。

 ゴム薬品は、従来製品が伸びたことや、老化防止剤などで新しく採用されるケースが増えている。製泡剤に関しては、東京五輪前の建築需要増加を背景に、断熱剤の用途が伸びた。ウレタンでも新規採用が広がっており、「新規採用を取り込めた前期だった」(高濱明エラストマービジネスユニットリーダー)。

 この他、拡販を進める熱可塑性エラストマー(TPE)については、クライ

本文:1085文字

【ファインケミカル商社特集】平泉洋行 ゴム薬などで新規採用広がる

キーワード: ·