【新春トップインタビュー】JSR 小柴満信社長

2017年01月16日

ゴムタイムス社

  • 小柴満信
  • 社長
  • JSR
  • SSBR グローバルに拡大
  • JSR 小柴社長

 「タイヤ材料技術開発センター」の新設・「JSR・慶應義塾大学医学化学イノベーションセンター」の設立などにより、次世代に向けた基盤造りを推進するJSR。小柴満信社長に17年度の事業課題を聞いた。

 16年を振り返って。

  エラストマー事業ではタイの溶液重合SBR(SSBR)プラントの本格稼働による拡販が寄与したが、日本国内の自動車タイヤの生産が2年続けて減少しており、原料価格低下に伴う製品価格低下に加え、円高が大きく影響し、エマルジョンSBRやBR、ブチルゴムなどのコモデェティのゴムの収益が悪化した。

 多角化事業ではデジタルの半導体、LCDパネルは、年初の予想に反し、市場は好転しているが、上期は一挙に円高となったことから、その下押し圧力が収益的にはきつかった。

 一方、エラストマー事業では、

本文:1674文字

【新春トップインタビュー】JSR 小柴満信社長

キーワード: