ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

【新春トップインタビュー】住友ゴム工業 池田育嗣社長

2017年01月03日

ゴムタイムス社

  • 池田育嗣
  • 社長
  • 住友ゴム工業
  • グローバル経営体制を強固に
  • 池田育嗣社長

 2020年度を目標年度とする長期ビジョン「VISION2020」の実現に向け、グループを挙げて事業の成長と収益力向上を目指す住友ゴム工業。池田育嗣社長にグローバル経営体制や東京五輪への期待、17年の方針などを聞いた。

◆16年を振り返って

 点数をつけると100点満点で80点。90点をあげたいところだが、15年の65点よりは手応えを感じた年になった。

 経営体制では4月に、これまでの日本本社集中体制を「アジア・大洋州本部」「欧州・アフリカ本部」「米州本部」の3極に責任者を置く、グローバル経営体制に移行した。拠点間での意思決定スピードが速くなり、グローバル経営体制がより強固なものとなった。

◆北米市場について

 米州本部では、米国で需要の多いSUV用タイヤを中心に、乗用車・ライトトラック用タイヤの生産能力を増強し、北米で高付加価値タイヤの販売拡大を図る。

 北米での開発体制については「米国テクニカルセンター」が1月に本格始動する。また、二輪車用タイヤを評価する「米国タイヤテストコース」も3月から四輪車用タイヤの評価を開始する。これにより、商品力の高いタイヤをスピーディに市場投入できる体制になる。

 ただ、北米ではもっとアグレッシブなデザイン「ヒーロータイヤ」が欲しい。現在、ヒーロータイヤの

本文:2439文字

【新春トップインタビュー】住友ゴム工業 池田育嗣社長

キーワード: ··