ゴム配合・成形トラブル事例とその対策のバナー

【新春トップインタビュー】横浜ゴム 野地彦旬社長

2017年01月02日

ゴムタイムス社

  • 野地彦旬
  • 社長
  • 横浜ゴム
  • 創業100周年の目標達成へ
  • 野地彦旬社長

 今年、創業100周年を迎える横浜ゴムは、今年度が最終年度となる中期経営計画を推進している。ここ数年で最も積極的な補修用タイヤ市場向け新商品投入などにより、目標達成を目指す野地彦旬社長に17年の取り組みを語ってもらった。

◆16年を振り返って

 オフハイウェイタイヤのメーカーであるアライアンスタイヤグループ(ATG)を買収するなど、非常に大きく動いた年になった。

 第3四半期までの当社のタイヤ事業は、国内新車用タイヤの販売は自動車生産台数の減少などにより低調に推移した。国内市販用も前年同期を下回ったが、新製品を投入し、高付加価値製品を中心に販売を強化した。

 海外については、北米は全体的に堅調で、欧州は新規販路が販売に寄与するなど好調に推移したほか、中国は小型車向けの減税で自動車販売が回復し、新車用タイヤが好調だった。7月に買収したATGでは、農機用タイヤを中心に積極的な販売活動を実施した。

 MB事業では、市場環境の悪化に伴う需要の低迷に加え、円高による為替の影響により、ホース配管、工業資材、ハマタイト・電材、航空部品のそれぞれの分野で売上高は低調に推移した。

◆中計の進捗状況は

 当社は、創業100周年となる今年に

本文:2335文字

【新春トップインタビュー】横浜ゴム 野地彦旬社長

キーワード: ·