【新春トップインタビュー】藤倉ゴム工業 森田健司社長

2017年01月02日

ゴムタイムス社

  • 森田健司
  • 社長
  • 藤倉ゴム工業
  • 第5次中計で海外事業を強化
  • 森田健司社長

 第5次中期計画の策定には、5つ目の生産拠点を計画しており、海外事業をさらに強化していく藤倉ゴム工業。16年4月に社長に就任した森田健司社長に、16年を振り返りながら今後の事業展開などを聞いた。

◆16年を振り返り、業種別の状況は。

 業種別の動向を振り返ると、工業用品・制御機器・電材から成る産業用資材では、工業用品は国内が前年並み、電材は電力・インフラ工事が減少した。制御機器については、液晶・半導体の製造に使用される機器の販売が好調だった。東北の震災前までは回復しないものの、堅調に推移している。福島の原町工場は利益改善を行い、利益率も向上している状況だ。

 引布加工品では、一部の自動車製品の製造が

本文:1389文字

【新春トップインタビュー】藤倉ゴム工業 森田健司社長

キーワード: ·