ゴムタイムス70周年の画像

ニュースの焦点 持続可能な天然ゴム経済実現へ

2016年12月12日

ゴムタイムス社


 国際ゴム研究会(IRSG)が提唱する天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアティブ(SNR―i)の趣旨に賛同し、その活動に参画する生産から消費に至る天然ゴムのサプライチェーンの参加企業が増えている。

 この天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアティブは経済・環境・社会の三本柱が調和した持続可能な天然ゴム経済の確立を目的にIRSGにより立ち上げられた活動の一つ。

 タイヤに使用される天然ゴムはゴムの木から採取される持続可能な資源だが、世界の人口増加やモータリゼーションの進展に伴い、タイヤ需要が今後も拡大していくと見込まれ、それに伴い天然ゴムの消費量も増加するものと予測されており、持続可能な天然ゴムの利用の実現が社会的な課題となっている。

 サプライチェーンにおける、

本文:760文字

関連キーワード: