ゴムタイムス70周年の画像
ゴム配合技術のポイントを学ぶのバナー

マンスリーOEダイジェスト(2016年11月)

2016年12月05日

ゴムタイムス社


 タイヤメーカー各社が11月に発表した新車装着(OE)情報は、以下の通り。

 ◆住友ゴム
 住友ゴム工業は11月1日、フォルクスワーゲンAGが今秋から北米市場で販売を開始した新型「ゴルフ・オールトラック」に、ファルケン「シンセラSN250A・A/S」の納入を開始したと発表した。

 「ゴルフ・オールトラック」はオンロードからオフロードまでのさまざまな路面状況下で、高い安全性と快適な走行性能を発揮する「ゴルフ」シリーズ初の本格的なクロスオーバー4WDステーションワゴン。今回装着されるファルケン「シンセラSN250A・A/S」は、新型「ゴルフ・オールトラック」の求める優れたオンロード性能とオフロード性能を高次元で融合させたオールシーズンタイヤとなっている。

 また、同社は11月10日、同月から発売のダイハツ工業の「トール」、トヨタ自動車の「ルーミー」「タンク」に、環境タイヤダンロップ「ENASAVE(エナセーブ)EC300+」の納入を開始したと発表した。

 今回装着されるエナセーブEC300+はトール・ルーミー・タンクの求める高い環境性能を実現するため、ダンロップの低燃費タイヤ「エナセーブ」シリーズの開発で培った低燃費タイヤ技術を投入した。

 タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上はもとより、操縦安定性能、ブレーキ性能、乗り心地を高次元でバランスさせている。

 ◆日本ミシュランタイヤ
 日本ミシュランタイヤは11月2日、同社のワイドシングルタイヤ、「ミシュランXワン」が三菱ふそうトラック・バスのスーパーグレートV(型式FU:6X2後2軸)へのオプション装着タイヤに採用されたと発表した。

 「ミシュランXワン」は、トラックの後輪に装着されている2本(ダブルタイヤ)を1本にするというコンセプトのもと、1車軸当たり約100kgの軽量化を達成し、車両の輸送効率向上ならびに環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤである。燃費効率にも優れているほか、駆動軸にも使用できるため、輸送業界で注目を集めている。

 オプション可能タイヤは、455/55R22・5・XZY3。このオプション装着は、全国の三菱ふそうトラック・バスの販売店で、12月初旬より発注可能。

 また、同社は11月15日、輸送効率向上と環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One(ミシュランXワン)XDN2」が、弘前貨物が新たに導入した、リジットダンプ車両の新車装着タイヤとして採用されたと発表した。

 主に砕石・アスファルト工材の輸送事業を展開する弘前貨物では、ダンプ車両を多く保有している。様々な路面状況下で高い輸送品質が求められる地場走行では、輸送効率を図る上で最大積載量の向上が大きな課題となっていた。

 その課題に対し、今回新たに導入するリジッドダンプ車両の後輪2軸に「ミシュランXワンXDN2」を採用。タイヤサイズは455/55R22・5(164L)となる。

 ◆ブリヂストン
 ブリヂストンは11月4日、日産自動車が11月2日に発売した「ノート・e―パワー」の新車装着タイヤとして、「エコピア」を納入開始したと発表した。

 今回装着される「エコピアEP150」は、同車両の特長である高い低燃費性能、操縦安定性能および快適な乗り心地の実現にあたり、重要な役割を果たしている。

 また、同社は11月8日、ヤマハ発動機が7日に欧州で発表したスポーツコミューター「TMAX」2017年モデルの新車装着用タイヤとして「BATTLAX(バトラックス)SC」を納入すると発表した。

 新型TMAXは、車両の軽量化とスタイリングの進化により、走行性・所有感・快適性の向上を図った車両。バトラックスSCはその高い運動性能と操縦安定性能に貢献する。

 バトラックスSCは大型スクーター用ラジアルタイヤとして、スポーツラジアルタイヤ開発で培った技術を応用し、高いハンドリング性能と直進安定性能を追求している。

 また、溝幅を広くすることで高いウェット性能を確保しながら、溝の配置やデザインを最適化することで、パタンノイズを低減し、安全性と静粛性の両立を実現した。

 さらに同社は11月10日、マツダが同日予約受注を開始した「マツダ・ロードスターRF」の新車装着タイヤとして「POTENZA(ポテンザ)S001」を納入すると発表した。

 今回装着されるポテンザS001は、同車両の特長である高い操縦安定性と運動性能の実現にあたり、重要な役割を果たしている。

 ◆横浜ゴム
 横浜ゴムは11月21日、富士重工業が発売するスバルの新型「インプレッサ」の新車装着(OE)用タイヤの納入を開始したと発表した。

 国内及び豪州では「ADVAN Sport V105」、北米では「AVID S34」が装着される。サイズは「ADVAN Sport V105」は国内向けに225/40R18 88W、豪州向けに225/40R18 92W、北米向け「AVID S34」はP225/40R18 88V。

 新型「インプレッサ」は国内では2016年10月25日から発売され、順次各国・各地域での発売が予定されており、国内向け車両には、同社製のパンク応急修理キットが搭載されている。