ゴムタイムス70周年の画像

2017年ゴムベルト需要予測 ほぼ前年並みの見込み

2017年01月16日

ゴムタイムス社

 2016年のベルト業界を取巻く環境は、自動車産業向けの伝動ベルトが、自動車のハイブリッド化や海外生産の増加によって国内需要が減少していることに加え、中国をはじめとする鉱物資源需要の減少で、コンベヤの輸出が前年比で大幅に減少している。

 そうした環境の中で、日本ベルト工業会が発表した16年度の生産量は、ゴムベルト全体では2万6444t(前年比93%)で、内需は1万9777t(同95%)、輸出は6667t(同88%)の見込みとなり、結果としてゴムベルト全体の生産量は、2年連続で3万tの大台を割る厳しい見込みとなった。

 同工業会による17年度のゴムベルト需要予測では、生産量を2万6339t(同100%)を見込んでいる。内訳は内需が1万9653t(同99%)、輸出が6685t(同100%)。内需は前年比微減の見込みだが、輸出は円安傾向となっている状況を踏まえ前年並みと推定している。

 品目別に見ると、コンベヤベルトの16年度の生産量は1万

本文:1033文字

関連キーワード: ··