ゴムタイムス70周年の画像

東レ・ダウコーニング 創立50周年記念プレスセミナーを開催

2016年12月02日

ゴムタイムス社

 東レ・ダウコーニングは11月29日、東京・大手町の本社において創立50周年記念プレスセミナーを開催し、桜井恵理子代表取締役会長・CEOらが出席した。

 同社の前身であるトーレ・シリコーン㈱が設立された1966年から、50年の節目を迎える今年、同社は「Si innovation for today and tomorrow」をテーマに据えて記念事業を展開している。

 セミナーの冒頭に登壇した桜井CEOは、50周年を記念して制作したビデオ映像で同社の歴史を振り返った後、セミナーの概要およびダウのダウコーニング完全子会社化によるシナジーについて説明した。

 同社の親会社の一つであるダウコーニングは、1943年に米国でダウ社とコーニング社が50%ずつ出資して設立されて以来、耐久性・耐候性・絶縁性などを持つシリコーンのユニークな特性を生かして、運輸、建築、エレクトロニクス、コスメなど幅広い産業をサポートしてきた。他の大手化学会社に比べて、規模が小さい中で幅広いアプリケーションを有しているのは、顧客と一緒に開発を進めてきたからとのことだ。

 今年6月、ダウがダウコーニングの完全子会社化を完了したことに関連して、桜井CEOは「コーニングからは、今後2~3年の間はダウコーニングという商標を使用していいと言われている。いずれはダウにしなければならないが、当面はダウコーニングのままで事業を行う」と説明した。

 ダウの子会社となったことのシナジー効果について、両社の事業は相互補完的であり、競合するプロダクトがないことから、ダウコーニングのシリコーン事業は、ダウのポートフォリオ戦略にマッチしているという。

 また、ダウコーニングにとっても、今回の統合により従来よりも幅広い製品の選択が可能になる他、急成長するラテンアメリカや中東、アフリカなどの市場で事業拡大できるメリットがある。

 桜井CEOは、「イノベーション力を強化することで、我々にとっても新しい

全文:約2007文字