ゴムタイムス70周年の画像

横浜ゴム 平塚製造所で「生物多様性パネルディスカッション」開催

2016年11月24日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは11月22日、平塚製造所内で12日に開催した体験型環境イベント「第8回シンク・エコひらつか2016」に合わせ、所内で「生物多様性パネルディスカッション」を開催したと発表した。

 同パネルディスカッションの開催は2014年、15年に続き3回目。今回は地域住民、従業員とその家族の約40人が参加し「平塚の水辺のために何ができるか~水でつながる山・里・川」をテーマに議論を交わした。

 パネリストには神奈川県環境農政局緑政部自然環境保全課の羽太博樹副課長、NPO法人自然塾丹沢ドン会の片桐務理事長、NPO法人ドリーム・エッグスゆめたまの相川健志代表を招き、コーディネーターはエコロジーパスの北澤哲弥取締役(江戸川大学非常勤講師)が務めた。

 横浜ゴムは10年7月に「生物多様性ガイドライン」を制定し、国内外の生産事業所周辺で生物多様性保全活動に取り組んでいる。

 平塚製造所では13年から活動を開始し、丹沢山系を源流に平塚市内を流れ相模湾に注ぐ金目川の保全に向け、水質・水生生物・鳥類・植物のモニタリングを行っている。また、川原に繁茂している外来植物の除去や清掃活動にも取り組んでおり、今年から平塚市土屋地区で里山保全活動を本格化させている。

 同パネルディスカッションの開催は、こうした平塚製造所の取り組みを地域住民や行政、NPOなどに紹介するとともに、これら関係者からの意見を取り入れ、活動をさらに発展させることを目的としている。

関連キーワード: ·