ゴムタイムス70周年の画像

自動車タイヤ生産量・出荷額の月別推移 生産・出荷とも減少【ゴムデータ2019】

2018年11月26日

ゴムタイムス社

 経済産業省がまとめた2017年の自動車タイヤ生産量は1億4547万3000本で前年比1.0%減。出荷金額は1兆1348億6500万円で同0.5%減だった。

 生産については、17年の自動車生産が全車種合計で同5.3%増となったものの、出荷増に工場在庫で対応したことや、タイヤ生産拠点の海外シフトが進んだことにより年間を通じ減少したと思われる。

 月別の生産量の推移を見ると、1月は1068万5000本で前年同月比0.4%減、2月は1182万6000本で同2.4%減、3月は1311万1000本で同0.7%増、4月は1254万本で同0.5%減、5月は1164万4000本で同2.4%増、6月は1270万1000本で同0.5%減、7月は1272万5000本で同3.4%減、8月は1046万2000本で同3.7%減、9月は1276万3000本で同4.2%減、10月は1315万9000本で同3.0%減、11月は1273万4000本で同1.9%増、12月は1112万3000本で同2.4%増となった。

 一方、出荷額は、1~6月までは5月を除いて前年同月を下回る月が多かったが、7月以降は9月を除いて前年同月を上回り、特に12月は10.6%の2桁増となるなど、回復傾向が鮮明になっている。

2-2-2-1 自動車タイヤ生産量の月別推移-1

2-2-2-1 自動車タイヤ生産量の月別推移-2

2-2-2-2 自動車タイヤ出荷額の月別推移