ゴムタイムス70周年の画像

市販用タイヤ販売本数推移 3年ぶりにプラス【ゴムデータ2019】

2018年11月28日

ゴムタイムス社

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた08~17年の市販用タイヤ販売本数推移によると、合計販売本数はリーマンショックの影響で08年から09年にかけて減少した後、11年まで2年連続で増加し、その後は7000万本台で増減を繰り返している。17年は7397万9000本で前年比2.5%増となり、3年ぶりにプラスに転じた。
 車種別では、トラック・バス用は、リーマンショック後の09年は前年比で2割以上の落ち込みとなったが、10年から11年にかけて回復し、13年以降は500万本を超える水準で推移した。17年は545万8000本で、同4.3%増となっている。
 小型トラック用は、08年と09年に減少した後、