ゴムタイムス70周年の画像

市販用タイヤ月別販売本数 値上げ前の駆け込み需要で5月は大幅増【ゴムデータ2019】

2018年11月29日

ゴムタイムス社

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)がまとめた17年の市販用タイヤの月別販売本数によると、3、4、5、7、8、12月が前年実績を上回り、通年では7397万9000本で前年比2.5%増となった。5月の同46・3%増が目立つが、これは6月から本格化する値上げ前の駆け込み需要の影響が大きく表れたものと見られる。
 品種別では、トラック・バス用は、1~5月、7、8月がプラスとなり、通年では545万8000本で同4・3%増。5月が同66.8%増、8月が同58.6%増と大幅にプラスとなった月があった一方、10月が同23.8%減となるなど、9月以降はマイナスだった。
 小型トラック用は、5月が同42・8%増となるなど5ヵ月で前年を上回ったが、2桁のマイナスとなる月も2ヵ月あり、通年では1370万7000本で同0・6%増と微増に留まった。
 乗用車用は