ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

国産ナフサ価格の推移 10~12月は4万4000円台に【ゴムデータ2019】

2019年01月06日

ゴムタイムス社

 合成ゴムの原料である国産ナフサ価格は、2016年には年間を通じて3万円/kl台で推移し過去10年で最も低い水準となっていたが、2017年は、1~3月および10~12月は4万円/kl台を回復したほか、4~6月および7~9月も前年同期に比べ大幅に上昇した。
 
 国産ナフサ価格の基になる17年の輸入ナフサ価格の推移を見ると、年初の上昇基調から中間期は下落基調に転じ、夏以降は再び上昇する経過を辿った。
 
 原油価格が上昇に転じたことを受けて、1~3月は輸入ナフサも上昇、1月は3万8248円、2月は4万76円、3月は4万1365円と徐々に上昇した。4~8月は原油価格が再び下振れしたことを受けて徐々に下落し、6月は3万5801円、7月も3万4126円、8月は

本文:494文字

表・グラフあり

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー