ゴムタイムス70周年の画像

ゴムホースの新ゴム量推移 自動車用5年ぶりに増加【ゴムデータ2019】

2018年11月24日

ゴムタイムス社

 経済産業省統計で2007年から2017年までのゴムホースの新ゴム量推移を見ると、リーマンショック翌年の09年に2万6946tに急減したものの、10年には3万6189tに回復し、その後は3万5000t前後で推移し、17年は3万7019tに増加した。
 品種別では、自動車用が17年に2万4121tで、前年比4.6%増で、5年ぶりに増加した。生産量全体の65.2%を占める。
 高圧用は14年から4000t台で推移したが、17年に5447tと28.1%増加した。
 その他用は7000t台で推移しており、