ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム金型構造の基礎知識・金型の選び方のバナー

【ゴムデータ2018】ゴム製品の出荷金額推移

2018年02月07日

ゴムタイムス社

 日本ゴム工業会がまとめた2016年のゴム製品出荷金額は2兆1805億9200万円で、前年比3.6%減となり、2年連続で前年実績を下回った。ゴム底布靴・パッキン類・医療衛生用品・運動競技用品・その他製品類計はプラスになったものの、自動車タイヤ・ゴムベルト・ゴムホース・防振ゴムなどの主要製品は軒並み前年割れとなっている。
 自動車タイヤの出荷金額は1兆1450億2300万円で同7.5%減で2年連続で前年割れとなった。1月に発生した自動車用特殊鋼メーカーの爆発事故や、熊本地震による影響で自動車の生産ラインが止まり、生産台数が落ち込んだ影響が大きかった。
 ゴムベルトは671億6200万円で同4.8%減、2年連続でマイナスとなった。生産の落ち込み(同7.2%減)に比べ出荷金額の減少幅が小さいのは、需要に在庫で対応したことが考えられる。
 ゴムホースは1354億9000万円で同0.5%減となり、こちらも2年連続の減少。生産量の落ち込みは同1.6%減となった。構成比率の高い自動車用が微減。編上ホースや送水用ホース、大口径耐油ホースなどのその他のゴムホースの生産も減少した。一方、建設機械向けなどの

本文:746文字

表・グラフあり