ゴムタイムス70周年の画像
プラスチック材料の全体がわかるのバナー

【ゴムデータ2018】ゴム製品の輸入構成比

2018年02月07日

ゴムタイムス社

 日本ゴム工業会がまとめた16年のゴム製品輸入額推移によると、輸入額が最も多かったのは自動車タイヤ・チューブで、16年は前年割れとなったものの、構成比で27・5%を占めた。
 2番目に多いゴム底布靴類は2桁増が続いており、構成比は16・3%となった。3位のガスケット類は、16年はマイナスとなったが、構成比は8・2%だった。
 以下、運動競技用品が4・7%、総ゴム靴類が4・1%、ゴムホースが3・9%、その他タイヤ・チューブが2・1%となっている。

1-2-4-1 ゴム製品の輸入構成比

本文:201文字