ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム金型構造の基礎知識・金型の選び方のバナー

【ゴムデータ2018】ゴム製品の生産量推移

2018年02月06日

ゴムタイムス社

 自動車用タイヤの年間の生産本数は1億4688万9000本で前年同期比3.6%減となった。
 自動車の生産が年末にかけて回復基調で推移したものの、前半の不振により年間を通しては前年実績を下回ったこと、また非降雪地帯での降雪が少なかったことなどにより、タイヤ生産はマイナスとなった。
 内訳はトラック・バス用が988万9000本で同6.7%減、乗用車用が1億1000万4000本で同3.4%減、小型トラック用が2177万7000本で同5.9%減、二輪自動車用が385万6000本で同3.0%減、特殊車両用が136万5785本で同4.9%減となり、全てのタイヤで前年同期実績を下回った。
 ゴムベルトの年間の生産量(新ゴム量)は2万2022tで同7.2%減となった。
 コンベヤは内需が主要需要先である鉄鋼やセメントの生産が前年割れとなったこと、輸出は資源国の不振で落ち込んだことで全体的に不調だった。歯付ベルトなどの伝動ベルトは、内需は軽自動車市場の落ち込みなどはあったものの、全体では堅調だった。
 コンベヤベルトは1万4771tで同10.0%減、歯付ベルトは1757tで同1.4%増、その他の

本文:952文字

表・グラフあり