ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト

川瀬豊生
Toyoo Kawase

ゴムタイムス社

1951年生まれ

神奈川県厚木市在住

1970年 神奈川県立相模台工業高校・化学工学科卒業

1970年 日産自動車に入社

日産自動車での主な職務内容
・内外装樹脂部品開発
・樹脂部品の不具合解析/対策立案/再発防止
・各種試験法の作成

1999年 堀硝子(株)に転籍
自動車ガラスと樹脂部品の接着仕様開発に従事

2007年から2010年まで神奈川県産業技術センターの創業期・モデル事業に応募し、同センター内の開発室において自動車ガラスと樹脂部品を被着体とした以下に掲げる速硬化接着仕様の開発に取り組み、いずれのアイテムにおいても開発が完了している。

2007年4月~2008年3月
・高周波誘電加熱接着仕様の開発

2008年4月~2009年3月
・紫外線硬化接着仕様の開発

2008年4月~2010年3月
・室温速硬化接着仕様の開発

2010年3月 堀硝子(株)を退職

「高周波誘電加熱によるガラス/樹脂接着」(S&T出版)
「ガラス/樹脂の接着発現性向上のためのシランカップリング剤の効果と使用法」(S&T出版)
「工業材料」2018年7月号、「重回帰分析による高分子材料の寿命予測」(日刊工業新聞社)

関連キーワード: ·